更新情報
Reporet

2018.02.16 Fri

2月号


2018年度2月号

1.      理事長挨拶

2.      会員拡大について

3.      事業案内

4.      事業報告

5.      出向者取材記

6.      委員会活動報告

早いもので2018年度がスタートして1カ月と半月が経ちました。その間に皆様方には、新年互礼会に始まり京都会議、広島ブロック協議会の新春会議・交流会と次々に開催された事業や諸会議へご参加いただきまして、本当にありがとうございました。お陰様を持ちまして、素晴らしい1年のスタートを切ることが出来ました。そして、続く2月度例会では元ナンパ師で塩尻市の市職員である山田崇氏を講師にお招きして「発信で変わるまちの未来」と題して公開例会を開催いたしました。本年進める運動の1つとして、発信をキーワードに若い方々とともにまちづくりに取り組みます。未来へつなぐ福山発信委員会を中心に未来へとつながる運動を展開してまいりましょう。また、皆様にご尽力いただき、例会後の異業種交流会へも含めて多くの一般の方々にご参加いただくことができました。こうした私たちの活動・運動へのご理解、ご賛同を得る機会は大切にしていきたいと思いますので、引き続きのご協力をよろしくお願いします。最後に、私たちの新たな仲間を迎えるための会員拡大の期間が残り約1カ月となりました。地域を発展させるためには、ともに切磋琢磨するメンバーを増やしていく必要があります。情報提供をはじめ、皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。それでは、今月も志高く活動してまいりましょう。
一般社団法人福山青年会議所 2018年度 第60代理事長 佐藤大悟君

会員拡大実行委員会では予定者段階よりメンバーの皆さま、多くの特別会員の先輩諸兄にご協力いただき、会員の拡大に取り組んでまいりました。皆様のご協力により、現在14名の仮入会者を迎えることができました。しかしながら、会員拡大ロードマップで示され、本年の目標としている23名には遠く及んでいないのが現状です。我々の運動を拡げていくためには会員数も大変重要な要素です。本年は異業種交流会、仮入会者同士の顔合わせ等多くのコミュニケーションの機会を提供しております。皆様の周囲に青年会議所に入った方がその方のため、まちのためにもなると感じられる方がいらっしゃれば情報提供をお願いいたします。高い志を持ち、まちのために邁進するためにも会員拡大へのご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
会員拡大実行委員会 実行委員長 藤本 俊君

3月度例会

Authentic journey ~心豊かな暮らしのある地域をつくる~

3月度例会は、選ばれるまち福山実現に向けての運動の推進を次年度より継続することの重要性を提案することで正会員のまちづくりに対する意識を高めて頂きたいと思います。福山に多くの来訪者を迎え入れるために、2018年度は今あるまちの魅力に新たな要素を加えた検証事業を鞆の浦周辺で行うことをお伝えし、見て歩くだけの従来の観光スタイルではなく地域の温もりに触れ合い心豊かになる本物の旅が来訪者を増やし選ばれるまちを実現させるために必要だとうことを一人ひとりに感じて頂きたいと思います。

選ばれるまち福山推進委員会 委員長 桑田雄君

2月度公開例会 

「発信で変わる福山の未来」というテーマで塩尻市職員の空き家プロジェクトnanodaの代表を務める山田崇氏をお招きして公開例会を実施しました。山田氏の多種多様な体験談から発信することの重要性についても、改めてご認識いただけたと思います。当日は多くの一般市民の方も来場いただき、好評をいただきました。動員へのご協力、誠にありがとうございます。

未来の福山創造委員会 委員長 岡田祥平君

本年度、道徳教育推進委員会に副委員長として出向させていただいている高橋克直です。当委員会は道徳教育として2つの事業を行なっています。1つ目は小さな子供さんを持つ全国の親御さんに対し、祖先や親を敬い愛情溢れる「家」的道徳を育む事業を行っています。

2つ目は自己肯定感を育むプロジェクトとして全国のフリースクールに通う学生さんを対象に文通で交流を行い友情を育むという事業を行なっています。そしてその2つの事業の成果をサマーコンファレンスのフォーラムで発表します。これら日本中を巻き込む壮大な事業はまだ動き出したばかりで、私個人的には分からないことや面食らうことも多いですが、せっかくの機会ですので日本各地を多く訪れ、まちの魅力や取り組みを学び、そして共に出向する仲間と力を合わせて事業目的を達成したいと思います。

公益社団法人日本青年会議所 道徳教育推進委員会 副委員長 高橋克直君

未来へつなぐ福山発信委員会

未来へつなぐ福山発信委員会では、2月度例会行事を行いました。また、5月のASPAC鹿児島大会、10月の全国大会宮崎大会では福山魅力を発信すべくブース出展を企画しております。委員会メンバー一同力を合わせて素晴らしいブースを作り上げますので、ぜひとも両大会への参加及びブースへの来訪をお願いいたします。

未来の福山創造委員会 委員長 岡田祥平君
発行:渉外・広報委員会 責任者 西岡芳仁