更新情報
Reporet

2018.04.16 Mon

4月号


2018年度4月号

1.      理事長挨拶

2.      事業案内

3.      出向者取材記

4.      委員会活動報告

4月に入り、ようやく暖かさを増してまいりました。早くも1年間の4分の1の期間が経過したと考えますと時が経つのを早く感じますが、良い意味でも悪い意味でも役割に対してだんだんと慣れがでてくる時期ですので、気の緩むことのないように着実に1歩ずつ物事を進めてまいりたいと思います。4月度例会は輝く夢に向かってをテーマに本年度の学校訪問授業の流れの説明と、ご協力いただく大学生ボランティアの皆様、学校訪問を受け入れてくださった学校の先生方をお迎えし、グループディスカッションを行いました。私たちは近年、子供たちに授業をおこなうという貴重な機会をいただいていますが、それは大切な子供たちの将来、ひいては地域の未来を影響するという重要な時間だという自覚を持って、本年も関係者の皆様方の期待に応えられるように取り組んでまいります。それでは、4月も志高く歩みを進めてまいりましょう。
一般社団法人福山青年会議所 2018年度 第60代理事長 佐藤大悟君

422()に鞆の浦で、仮入会者1日研修を開催します。午前中は鞆公民館でJCI Achieveを受講し、午後からは仙酔島に渡り、スポーツ雪合戦、バーベキューを行います。仮入会者に青年会議所のことを理解していただくと同時に、現役メンバーの皆さまと身体を動かし、お互いを知ることができるプログラムです。皆様、全員で絆を深めましょう!

アカデミー委員会 委員長 昼田健史君

2018年度は広島ブロック協議会に財政局長として出向させていただいております。財政局長という役職はLOMにはない役職です。広島ブロック協議会は公益社団法人である日本青年会議所の一組織であり、公益法人として求められる適正な予算の管理・執行を行う必要があります。それを主に担っているのが財政局長です。広島ブロック協議会の予算は、県内12LOM のメンバーから預かった会費が原資です。これらのお金が各事業で 適正に,また効果的に利用されているかをチェックすることも財政 局長の仕事の一つです。

財政局長となってから3か月が経過しましたが、分からないことも多々ある中、いろいろな人へ相談したり迷惑をかけたりしながらも、なんとかやってきています。ここで学んだことはLOMに持ち帰りますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします。また、ブロックの事業への参加・協力についてもよろしくお願いいたします。

公益社団法人日本青年会議中国地区広島ブロック協議会 萩田啓祐君

本年は、霞小学校・久松台小学校・西小学校・東小学校・常石小学校の5校で、7月27日の福山国際子どもアカデミーの学校訪問プログラムへ向けて、2回の事前授業を行い、「故郷に愛着、誇りや自信を持つこと」「違いを認め尊重し、思いやりの心を育むこと」「主体的に行動すること」を学びます。それらをもとに、ふくあか学校訪問プログラムで国際交流を通じて、国際化社会を身近に体験します。

また、本年新たな取り組みとして、手城小学校・西深津小学校・川口東小学校・光小学校・竹尋小学校の5校で出前授業も行います。これらの5校はふくあかのプログラムには組み込まれていませんが、合わせて10校の小学校の子供達を真の国際人へと導き、これからの時代に輝く夢を描き、行動・挑戦できるよう、取り組んでまいります。

真の国際人育成委員会 委員長 藤井恵太君
発行:渉外・広報委員会 責任者 西岡芳仁