更新情報
Reporet

2018.05.20 Sun

第37回全国城下町シンポジウム松江大会


2018年5月18日(金)、19日(土)、20日(日)に島根県松江市にて第37回全国城下町シンポジウム松江大会が開催され、(一社)福山青年会議所からもメンバーが参加しました。

 

(公社)松江青年会議所特別会員 天野 正道先輩(写真中央)と一緒に撮影

 

全国城下町シンポジウムは、1982年7月17日、全国の城下町に住む青年が、“城下町でのまちづくり”を共通のテーマから市民主導型のまちづくりを目指し 「見直そう城下町 創り上げよう昭和の遺産」のスローガンのもとに長野県松本市に集結したことから始まりました。

 

以降、全国の城下町の青年達が一堂に会し、 まちの人達とともに、まちの持つ可能性を見いだすための機会とし、 全国城下町青年会議所連絡協議会主催により、年1回開催されています。

 

全国城下町青年会議所連絡協議会とは城下町にある各地青年会議所(JC)が全国から集まり 「よみがえれ城下町」のスローガンのもとに、お互いの連携を強化し将来のビジョンをつくるため結成された組織です。

 

本年度は「叡智~古今城下町、次代への警鐘~」のテーマのもと開催されました。

 

18日は成功祈願祭、役員会、ウェルカムレセプション、19日にはオープンセレモニー、まちづくり編 古今城下町体感ツアー、20日には大会式典、クロージングが行われました。

 

村上弘毅君は理事として役員会へも参加しました。

 

大会式典にてJC宣言文並びに綱領唱和 全国城下町青年会議所連絡協議会 理事 村上弘毅君

 

 

福山城は2022年に築城400周年を迎えますが、福山とはまた違った城下町の姿を体験を通して学べる素晴らしい機会となりました。

 

 

(公社)松江青年会議所の皆様、温かい歓迎をいただき誠にありがとうございました。

 

 

2019年には愛知県豊橋市にて開催される予定となっております。