更新情報
Reporet

2018.05.27 Sun

JCI ASPAC鹿児島大会


2018年5月24日(木)~27日(日)までASPAC鹿児島大会が開催されました。

JCIは世界117の国にありますが、ASPACにはアジア太平洋地域の様々な国が参加しています。

ASPAC(アスパック)は  Asia Pacific Area Conference(アジアパシフィック エリアコンファレンス)の通称です。

 

<大会一日目> 5月24日(木)

日本JC本部団結団式・開会式・ウェルカムナイト・JCI会頭招待レセプションなど

 

<大会二日目> 5月25日(金)

 

総会Ⅰ・基調講演(末吉竹二郎氏)・道徳教育推進委員会・プチロムナイトなど

 

<大会三日目> 5月26日(土)

浦項交流・総会Ⅱ・ジャパンナイト・ロムナイトなど

 

<大会三日目> 5月27日(日)

総会Ⅲ・日本JC本部団解団式・カンファレンスボール(大晩餐会)など

 

上記のほかにもさまざまな行事が行われ鹿児島という地を、日本という国を世界にアピールする機会となり、また世界の方々と交流する貴重な機会となりました。

 

2013年に福山で行われたJCI国際アカデミーや昨年度までの国際事業で福山にこられたデリゲイツやエスコートスタッフとの再会、本年度7月に予定している福山国際子どもアカデミーの打ち合わせなど、福山と海外との距離の近さを目の当たりにする瞬間の連続でした。

また、(公社)鹿児島青年会議所の副理事長 山ノ内 元治君が実行委員長を務められたASPAC鹿児島大会実行委員会の皆様の不眠不休での運営設営による素晴らしい大会を目の当たりにし、完成度の高さとおもてなしのこころの数々に、ただただ感動の連続でした。

(一社)福山青年会議所からも(公社)日本青年会議所 国際会議支援委員会に出向されている北砂 浩一君、村上 恭久君が大会運営に最前線で関わり頑張っておられました。

ジャパンナイトでは未来へつなぐ福山発信委員会 委員長 岡田 祥平君を筆頭に委員会メンバーが一丸となってブース出展を行い、福山の魅力を国内外へ広く発信し続けました。

福山からは40名のメンバーが参加し、それぞれに学びを得て福山へと帰りました。

4日間、関係各所の皆様、大変お疲れ様でございました。