更新情報
Reporet

2018.06.03 Sun

広島ブロックアカデミーin三次


2018年6月3日(日)に三次市の横谷ふるさとセンターにて広島ブロックアカデミーが開催されました。

 

午前は屋内運動場にて(公社)日本青年会議所公認セミナーであるVMVの受講、午後からは屋外運動場にて運動会、そして大懇親会という流れでした。

 

開会式


 

広島ブロック協議会 会長挨拶 広島ブロック協議会会長 吉川 泰正君

 

午前の部 セミナー VMV受講


 

講師 (一社)備前青年会議所特別会員 藤原 利幸トレーナー

 

VMVは青年会議所のVISION(未来像)、MISSION(使命)、VALUES(価値)を認識出来る様に構成されたセミナーで、仮入会者の皆様や新入会員の皆様が参加されるブロックアカデミーにふさわしい内容となっており、歴の長いメンバーも含め受講することでそれぞれの気づきを得ることのできる貴重な時間となりました。

 

自己紹介やグループディスカッションも内容に含まれていたことから、初対面のメンバーを含む各班で開始当初は遠慮がちなメンバーも、セミナーが終了するころにはコミュニケーションが図れるようになっていました。

昼休憩(昼食)


まだ少しぎこちなさの残るメンバーもおられましたが、班ごとにお弁当を食べながら、リラックスした時間を過ごすことで、あちらこちらで笑顔が見られるようになりました。

 

午後の部 運動会


快晴の中、屋外運動場にて運動会が開催されました。

午前の部で過ごした班対抗です。勝負事ではありますが、目的は勝つことではなく仲良くなることですよ、とご説明されていた実行委員長のお話が印象的でした。

 

専門の講師の方をお招きしての本格的な準備体操から始まり、実行委員長の熱意が伝わってきました。

<運動会種目>

1.綱引き…おなじみの全員参加の力勝負の協議 しかし力だけでは勝てないようです。

2.華のお立ち台…小さな台へ全員で乗る一体感密着度MAXの協議 体の大きさで有利だった一回戦のチームは逆に不利となり得るバランスのとられた競技内容です。

3.怪物Run…障害物競走ですが、最初に白い粉を顔にまぶしてから一週し、たすきを繋ぐというユニークな内容です。

4.鵜匠リレー…理事長が鵜匠、鵜役のメンバーが3人ずつでコースを3周です。ドラマがありました。

上記4つの種目で構成されており、それぞれの順位で特典が得られ、最終的な総合得点で優勝以下順位が決められるといった内容でした。

そして、運動会に参加すること自体が何年ぶりか、というメンバーもいるなか、運動会が幕を開きました。

 

始めはそこそこに体力を温存しておこうと考えていたメンバーたちも暑い中にも関わらず皆一生懸命汗を長し、笑い、勝利を目指す中で懇親が何よりも深まっていくという素晴らしい内容でした。

(一社)福山青年会議所の理事長が所属する5班が優勝するという素晴らしい結果となりました。

5班のリーダーからは、自分たちがたまたま優勝しただけで、どの方も皆さん一生懸命で楽しく過ごされ全員が優勝者だと思っていると100点満点のメッセージを頂戴しました。

 

大懇親会


再び屋内運動場に戻り、共に汗をかき笑い合った者同士、より一層懇親を深めることのできる有意義な時間となりました。

 

この一日で得た繋がりは、最後の若い我ら斉唱で作られた輪のように大きく強く繋がり続けるものと確信の持てるブロックアカデミーだったと感じました。

設営頂いた実行委員会の皆様、また開催地となりました三次青年会議所の皆様、大変お疲れ様でございました。

素晴らしい一日をありがとうございました。