更新情報
Reporet

2018.10.27 Sat

福山国際子どもサミット


2018年10月27日(土)広島県民文化センターふくやまにて福山国際子どもサミットが開催されました。

 

福山青年会議所が6月から始めた学校訪問事業の集大成の場です。

この事業に参加いただいた学校は本年度は(一社)福山青年会議所のメンバーが講師を務め、夏休みに福山国際子どもアカデミーの学校訪問事業にて国際交流を経験を含む合計5回の授業を受けてきた霞小学校、久松台小学校、西小学校、東小学校、常石小学校、また、大学生ボランティアの皆様が講師をご担当され、合計2回の授業を受けてきた手城小学校、西深津小学校、川口東小学校、光小学校、竹尋小学校の合計10校でした。

 

まずは、今回の福山子ども国際サミットの主催者を代表として理事長 佐藤大悟君からご挨拶させていただきました。

 

 

【第一部】特別講演

テーマ:未来への挑戦

講師:株式会社サンフレッチェ広島 管理強化本部 アカデミー部長 山出久男氏

小学校教諭からJFA技術委員など多くの子どもたちと接してきた経験を基に、スポーツ(サッカー)を切り口に、夢や目標を持つことの大切さ、そして何事にもあきらめない心を持って行動、挑戦する大事さを子どもたちに伝えていただきました。

 

【第二部】学習発表

テーマ:輝く未来に向かって

発表校:霞小学校・久松台小学校・西小学校・東小学校・常石小学校

5校の子どもたちが集まり、本年度学校訪問事業で学んだこと、夏休みの国際交流体験を通して感じたこと、そしてこれからやってくるであろう国際化社会でやりたい夢等について、各学校代表児童に発表をしていただきました。

 

また、各学校の発表後には、第一部の講師 山出久男氏、各校代表教諭、理事長佐藤大悟君らからコメントをいただきました。

 

最後に事業担当 真の国際人育成委員会 委員長 藤井恵太君よりご挨拶させていただき閉幕となりました。

 

真の国際人育成委員会の皆様、この事業に関わった多くのメンバーの皆様、そして何よりもこの事業に参加していただいた10校の児童の皆様、学校関係者、保護者の皆様、本当にご理解・ご協力いただきまして誠にありがとうございました。厚く厚くお御礼を申し上げます。

そしてこの事業に参加していただいた多くの子どもたちの輝かしい未来を楽しみにしています。